2012年11月25日

iPadのSHARP製液晶はわざわざスペックダウンしている?!




日本経済新聞の電子版によると、iPadに採用されているSHARPが誇る世界最高水準のIGZO液晶パネルは、わざわざスペックダウンされているそうです。

というのも、Appleは重要な部品を複数の企業から調達しており、それは1社に事故があっても供給が止まらないし、価格を競わせることもできるからで、iPadにはSHARP製のIGZO液晶と韓国サムスン電子などが作るアモルファス液晶という2種類のパネルを採用しているそうです。そして、消費者にはそれと分からないように、アップルは“性能で勝るSHARPのIGZO液晶”の解像度をわざと落とし、他社製の液晶パネルのレベルにあわせている、と報じています。

SHARPが独自の商品を販売する時は強みとなる「オンリーワン」の最先端技術も、部品供給メーカーの立場となった場合は足かせとなるという、何とも皮肉な事の様です。。

0 件のコメント:

コメントを投稿