2013年6月17日

Apple:米政府の情報開示要求について、顧客への説明文「Apple’s Commitment to Customer Privacy」を公開


Appleが、米政府の情報開示要求について、顧客への説明文「Apple’s Commitment to Customer Privacy」を公開しました。


Apple - Apple’s Commitment to Customer Privacy
https://www.apple.com/apples-commitment-to-customer-privacy/


Apple は 米国家安全保障局から、2012年12月1日〜2013年5月31日までの期間に4,000〜5,000件の顧客情報開示要請があり、9,000〜10,000のアカウントまたはデバイスが対象になったとしています。

アップルは資料には「警察からの要請で、行方不明の子供、アルツハイマー病患者の捜索、自殺を防ぐこと、強盗やその他の犯罪の顧客情報開示要請をするが、矛盾や誤りがある場合は、我々は顧客情報開示要請を拒否します。」と掲載してます。

今回の発表は、米国家安全保障局の請負企業でコンピューター技術者として働いていたエドワード・スノーデン氏が、「プリズム」と呼ばれる監視プログラムに基づいて米国家安全保障局が民間企業から情報データを収集している問題です。

Facebook、Microsoftなどが当局から2012年下期(7-12月)に数千の顧客情報開示要請を受けたことを明らかにしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

▲ Return to page top